アニメ映画・劇場版の制作費・製作費 日本海外

更新日:

アニメ映画・劇場版の制作費

2000年代 通常:1億~3億円 高いもので:10億~20億円

 

日本、ピクサー、ディズニー 製作費比較

日本

平均:1億~3億円 (2000年代)
最高:51億円『かぐや姫の物語』

ピクサー、ディズニー(2000年以降)

平均:100億円以上
最高:274億円『塔の上のラプンツェル』

 

アニメ映画は1億~3億円前後が一般的。ジブリやプロダクション・アイジー(I.G)が制作するような高品質な作品になると、10億~20億円をかけるケースもある。

出典 日経ビジネス 2007年2月2日
http://business.nikkeibp.co.jp/article/manage/20070129/117879/

 

日本 

制作費or製作費

1968年 太陽の王子ホルス    1億円 
1969年 千夜一夜物語      1.3億円 
1977年 宇宙戦艦ヤマト     2億円 
1983年 クラッシャージョー   2億円 
1984年 マクロス        2.2億円 
1986年 プロジェクトA子     3億円
1986年 アモン・サーガ     1億2千万円
1988年 AKIRA         10億円 
1992年 三国志         5億円 
1995年 攻殻機動隊       6億円 
1998年 ミュウツーの逆襲    3億-3.5億円 
2003年 東京ゴッドファーザーズ 2.7億円 
2004年 雲のむこう、約束の場所 1億-1.5億円 
2005年 機動戦士Ζガンダム    1億円 
2007年 秒速5センチメートル   27万ドル
2009年 ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破 約6億円

 

製作費

1978年 ルパンVS複製人間        5億円 
1979年 カリオストロの城        5億円
1987年 王立宇宙軍           8億円 
1999年 クレヨンしんちゃん/爆発!温泉わくわく大決戦 3億-5億円
1999年 ドラえもん/のび太の宇宙漂流記 3億-5億円
2001年 メトロポリス          15億円 
2002年 千年女優            1億数千万円
2004年 イノセンス           20億円 制作費:10億円
2004年 遊戯王 ザ・ムービー       3.5億円 
2004年 スチームボーイ         24億円 
2005年 劇場版 鋼の錬金術師 シャンバラを征く者 4億-5億円
2009年 よなよなペンギン         15億円
2009年 サマーウォーズ         推定4-5億円
2013年 宇宙海賊キャプテンハーロック  3000万ドル

 

スタジオジブリ (1985年-)

スタジオジブリkaigainohannoublog.blog55.fc2.com/blog-entry-1421.html

制作費(宣伝費は含まない)

1984年 風の谷のナウシカ 2.8億円
1989年 魔女の宅急便   約4億円
1993年 海がきこえる   約2.5億円
1997年 もののけ姫    約23.5億円
1999年 ホーホケキョ となりの山田くん 約23.6億円

 

製作費(宣伝費含む)

1986年 天空の城ラピュタ 約8億円
1988年 となりのトトロ+火垂るの墓 約12億円
1992年 紅の豚      約9億円
2001年 千と千尋の神隠し 推定20億円以上
2004年 ハウルの動く城  24億円
2006年 ゲド戦記     推定2200万ドル en.wiki
2008年 崖の上のポニョ  34億円
2011年 コクリコ坂から  21.7億円 en.wiki
2013年 風立ちぬ     推定30億円 3000万ドル
2013年 かぐや姫の物語  51.5億円
2014年 思い出のマーニー 推定11.5億円 en.wiki

 

ジブリ作品の製作費が高い理由

鈴木敏夫(スタジオジブリ・プロデューサー)
「ジブリ作品の興行収入を全て足すと、なんと1,400億円になるというんです。では、その内、どれくらいジブリに残ってるかって気になるでしょ?ほとんど残ってないんです。」「1本の作品で、400~500人の人が関わってるんです。その人達を拘束するでしょ?そうするとね、何ヶ月掛かるかで、アニメの制作費というのは決まるんです。アニメーターっていうのも、色々いるんですけどね。その人達のノルマが、1週間5秒なんです。そうすると、1ヶ月で20秒になるでしょ?1年間になると、240秒になるんです。つまり、1年間で1人あたり4分になるんです。だから、僕らの作品では、2時間の映画を作るのに、最低、2年掛かるんです」

 

東映アニメーション (1948年-)

東映アニメーションwww.toei-anim.co.jp/event/2013_jumpfesta/goods.html

劇場アニメ 制作費平均

(受注高+受注残高)÷受注本数

2000年 8億4000万円÷2=4億2000万円 
2001年         1億9600万円 
2002年 3億6900万円÷2=1億8450万円 
2003年 2億8400万円÷2=1億4200万円 
2004年 8億円÷4=    2億円 

http://www.toei-anim.co.jp/corporate/ir/ksn_pdf/20010524.pdf 
http://www.toei-anim.co.jp/corporate/ir/ksn_pdf/20030522_renketsu.pdf 
http://www.toei-anim.co.jp/corporate/ir/ksn_pdf/20050513_renketsu.pdf 

 

海外

製作費

1986年 トランスフォーマー   600万ドル 制作:東映
1997年 長くつ下のピッピ    1150万ドル ※カナダ
1999年 アイアン・ジャイアント 4800万-7000万ドル
2001年 ファイナルファンタジー 1.37億ドル(157億円) 米日
2002年 パワーパフガールズ・ムービー 1100万ドル
2004年 スポンジボブ      3000万ドル
2004年 ポーラー・エクスプレス 1.65億ドル
2010年 ヒックとドラゴン    1.65億ドル

 

ピクサー (1986年-)

ピクサーzackly.toypark.in/c_Pixar.html

ピクサー・アニメーション・スタジオ。2006年より、ウォルト・ディズニー・カンパニーの完全子会社。

1979年に設立されたルーカス・フィルムのコンピュータ・アニメーション制作部門が前身。1986年、アップルコンピュータを退社したスティーブ・ジョブズが、1000万ドルでこの部門を買収したことにより、初めて「ピクサー」と名付けられた。当初はアニメーション制作スタジオではなく、政府機関や医療機関などを顧客にCG専用の高級コンピュータを販売する会社であった。1994年、ピクサーは、2600万ドルでディズニーと映画制作の契約を交わす。こうして、長編映画作品としては初のフルCGアニメーション作品『トイ・ストーリー』が1995年に公開された。

製作費推移

1990年代 3000万ドル~1.2億ドル
2000年代 9000万ドル~1.8億ドル
2010年代 1.75億~2億ドル

作品

1995年 トイ・ストーリー       3000万ドル
1998年 バグズ・ライフ        1.2億ドル
1999年 トイ・ストーリー2       9000万ドル
2001年 モンスターズ・インク     1.15億ドル
2003年 ファインディング・ニモ    9400万ドル
2004年 Mr.インクレディブル      9200万ドル
2006年 カーズ            1.6億ドル
2007年 レミーのおいしいレストラン  1.5億ドル
2008年 ウォーリー          1.8億ドル
2009年 カールじいさんの空飛ぶ家   1.75億ドル
2010年 トイ・ストーリー3       2億ドル
2013年 モンスターズ・ユニバーシティ 2億ドル

 

ディズニー (1923年-)

ディズニーmedia.global-step.jp/amp-city/2015/3/31/disney

ウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオ。

製作費推移

1940年代 90万~230万ドル
1950年代 300万~400万ドル
1960年代 400万~600万ドル
1970年代 150万~400万ドル
1980年代 1200万~4400万ドル
1990年代 2500万~1.3億ドル
2000年代 8000万~1.5億ドル
2010年代 1億~2.6億ドル

作品

1937年 白雪姫          148万ドル
1940年 ピノキオ         229万ドル
1940年 ファンタジア       228万ドル
1941年 ダンボ          95万ドル
1942年 バンビ          85.8万ドル
1950年 シンデレラ        290万ドル
1951年 ふしぎの国のアリス    300万ドル
1953年 ピーター・パン      400万ドル
1955年 わんわん物語       400万ドル
1959年 眠れる森の美女      600万ドル
1961年 101匹わんちゃん      400万ドル
1989年 リトル・マーメイド    4000万ドル
1991年 美女と野獣        2500万ドル
1992年 アラジン         2800万ドル
1994年 ライオン・キング     4500万ドル
1996年 ノートルダムの鐘     1億ドル
1999年 ターザン         1.3億ドル
2002年 リロ・アンド・スティッチ 8000万ドル
2005年 チキン・リトル      1.5億ドル
2008年 ボルト          1.5億ドル
2010年 塔の上のラプンツェル   2.6億ドル
2012年 シュガー・ラッシュ    1.65億ドル
2013年 アナと雪の女王      1.5億ドル
2014年 ベイマックス       1.65億ドル

-アニメトピック  

  関連記事

テレビアニメ制作 製作委員会方式 図解

目次1 アニメ制作の委託取引2 広告収入方式(従来方式)3 製作委員会方式3.1 メリット・デメリット3.2 製作委員会の名称4 制作会社 日本とアメリカ 構造の違い アニメ制作の委託取引 アニメ制作 …

アニメの作画枚数 1話あたりの原画のカット数、動画の枚数 TV・映画・ジブリ

目次1 テレビアニメ1話あたりの原画のカット数、動画の枚数2 テレビアニメ・OVA 作画枚数 1万枚以上3 アニメ映画 作画枚数4 スタジオジブリ テレビアニメ1話あたりの原画のカット数、動画の枚数 …

テレビアニメ・OVAの制作費

目次1 TVアニメ・OVAの制作費2 日本 TVアニメ&OVA 1話当たりの制作費 2.1 TVアニメ2.2 OVA2.3 東映アニメーション 1話・1本あたりの平均制作費3 海外 TVアニメ …

[アニメ] ロトスコープとは

モデルの動きをカメラで撮影し、それをトレースしてアニメーションにする手法。 マックス・フライシャーにより考案され、短編アニメーション映画『インク壺の外へ』(1919年)で初めて商業作品に使用された。デ …

テレビアニメ制作 広告収入方式 お金の流れ

目次1 TVアニメ スポンサーから制作会社までのお金の流れ1.0.1 広告収入方式 TVアニメ スポンサーから制作会社までのお金の流れ 広告収入方式 1990年代まで主流だった方式。「ドラえもん」、「 …